臨場感を越えた、新たな仮想体験の幕開け。

H i b i n V F S t u d i o

「温室効果ガス削減」と
                            「プロセス効率化」を目指すプロジェクト 「温室効果ガス削減」と
                            「プロセス効率化」を目指すプロジェクト
01

HibinVFStudio

I m m e r s i v e
E x p e r i e n c e

⽬を⾒張るほどの
没⼊感溢れる体験

Introduction

Hibino VFX Studioはバーチャルプロダクションに特化した撮影スタジオです。
撮影ワークフローのゲームチェンジャーとなり得る技術In Camera VFXを取り入れ、LED ディスプレイを使用した“環境に優しい再利用可能な背景”を提供しています。

“今後のロケーション撮影・背景美術のあり方とは?”

キャストが東京・港区に位置するスタジオのドアを開けた瞬間、目の前には撮影シーンに合わせた光景が広がりチーム全体でファイナルイメージを共有・確認しながら数多くのカットを効率よく撮影できます。
バーチャルプロダクションは映像制作の生産性を向上、更にロケーション撮影が困難なシーンも実現させます。
ビューファインダーを覗けば、50坪のスタジオが壮大な奥行きの空間に変わり、その光景はまるでリアルです。
“その驚き!”をHibino VFX Studioで体験ください。

ヒビノ株式会社
取締役 常務執行役員
芋川 淳一

Hibino VFX Studio is an unique
studio which is aimed at Virtual
productions.
Our studio incorporates In-
Camera VFX, a game changing
technology.
Our innovative use of LED walls
allows us to provide
environmentally friendly and
repeatedly usable sets.

The end of location shoots?

When casts open the door of our
studio located in central Tokyo,
sets are ready to go
just as, if not
better than imagined.
Teams can manage to deal with
multiple cuts while sharing final
images with all
team members.
The updated workflow definitely
improves productivity.
Virtual productions allow you to
effortlessly create desired scenes
to strive for
perfection.
Space restrictions are no longer
an issue.
Through the viewfinder, the
boundaries of our studio are
shattered and opened up
into a
vast space.
We have a surprise in store for
you.

See it for yourself at Hibino VFX
Studio!

Director and
Managing Executive Officer
Junichi Imokawa

Examples

高精細LEDディスプレイに映したCG背景により、あらゆる場所や時間、天候に左右されることなくスタジオでリアルに近いロケ撮影が可能です。

キャストや美術への映り込み、反射を与える効果はIn Camera VFXの最大のメリットです。グリーンバック合成では難しい透明のガラスの抜けや映り込みを表現することができます。

天井と両サイドの環境光用LEDディスプレイは、太陽の位置を表現する強い照明と併用することで自然な光の空間を提供することができ馴染みの良い映像に仕上がります。

LEDディスプレイに映した背景と被写体をカメラで撮影しリアルタイムに合成を行うため、撮影チームが最終映像を確認しながら画作りできることはIn Camera VFXの大きな利点です。ポストプロダクションの負担を大幅に減らします。

Hibino VFX Studioの特徴

F e a t u r e

LEDディスプレイ・システム

撮影エリアは、反射のないマットな表面と色再現能力に優れたFlip Chip LEDを採用したROE Visualの1.56mmピッチ超高精細LEDディスプレイ「Ruby1.5F」。天井と側面の環境照明用は、ROE Visualの3.75mmピッチ高輝度LEDディスプレイ「Carbon3 Mark II」を使用しています。
プロセッサーは、専用GUIでカラーマネジメントがスムーズなBrompton製を使用、シャッターシンク機能によりカメラのシャッタースピードに合わせパネルをリフレッシュすることができ、フリッカーなどの現象を防ぐことができます。映画撮影など24p運用が可能です。

In Camera VFXシステム

カメラトラッキング・システムは、様々なカメラとレンズに対応可能なstYpeの「RedSpy3.0」。メディアサーバーは、メインがdisguise「vx4+」、レンダリング専⽤サーバーとしてdisguise「rxⅡ」を使⽤した構成で、3DCGプラットフォームはUnreal Engineを使⽤しています。

オペレーション

In Camera VFXシステムのオペレートはライブ、xR配信で各⽅⾯から⾼い評価を頂いているスタッフが担当しております。ROE Visual、disguise、stYpeといった最新鋭の映像システムを知り尽くしたオペレーターがワンランク上のサポートを提供します。

外部スタジオへの搬⼊設置

LEDディスプレイ・システム、In Camera VFXシステムは、ご要望によりお客様ご指定のスタジオにレンタルし、⻑期撮影の対応が可能です。数々のライブ現場であらゆる環境、状況にも臨機応変に対応してきたスタッフが、お客様のご要望、シチュエーションに広範囲に対応いたします。

ブロードキャスト&シネマ機材

撮影機材レンタルは、ブロードキャスト&シネマ機材レンタルサービスを行う「Pro-imaging unit(PIU)」が担当いたします。
豊富な機器ラインアップよりレンタルできることはもちろんのこと、撮影をスムーズに進められるようにレンタル機器の提案からサポートさせていただきます。たとえば、バーチャルプロダクションにおいてカメラ・レンズはキャリブレーション作業が必要な為、事前にお預かりする必要がありますが、PIUのレンタル機材でしたら事前にキャリブレーション作業を済ませておくことが可能です。

レンタル機材リスト

Partners

ROE CREATIVE DISPLA disguise nac IMAGE TECHNOLOGY
02

HibinSkLounge

B o l d
E x p e r i e n c e

雄大な景色、最高のロケーション。

雄大なレインボーブリッジと
臨海副都心のビルが広がるロケーション。

青い空に映える景色とライトアップされた
ウォーターフロントの夜景。

Hibino VFX Studioをご利用の際は、スタッフの食事休憩等にぜひHibino Sky Loungeをご利用ください。

また、Hibino Sky Loungeは、土日限定でxR Stageを使用した撮影やビジュアルプレゼンテーションの場としてご利用いただくことが可能です。詳しくはお問合せください。

03

Hibino 
Immersive 
Entertainmen
Lab

Executive Message

ヒビノ株式会社は、日本で初めてLiminal Space社のパッシブ三次元LEDを導入し、次世代のエンターテイメント技術が体験できるHibino Immersive Entertainment Labの運用を開始しました。

このラボでは、Liminal Space社のテクノロジーを活用し、映像コンテンツ、エフェクトが連動したMixed Realityのインタラクティブパフォーマンスを体験することができます。

ヘッドセットを使用せずに大人数の観衆の中でMixed Realityの共有体験を楽しめるこのテクノロジーは、現実世界と仮想世界が融合した新しい没入型イマーシブエンターテイメントを実現します。

“その驚き!”をHibino Immersive Entertainment Labで体験ください。

ヒビノ株式会社
取締役 常務執行役員

芋川 淳一

We’re proud to launch Hibino Immersive Entertainment Lab.
You will witness the next generation of entertainment technology powered by Liminal Space Inc.
A first for Japan.

What we have on our hands here is passive 3D LED displays in action.
You can enjoy MR-like immersion without the need for headsets and share this MR experience with friends and people around you.
Sharing experiences is much better.

With this technology, video content and visual effects interact with live performance. 
The fusion of real and virtual worlds generates a fully immersive experience like no other.

See it for yourself at Hibino Immersive Entertainment Lab!

Director and Managing Executive Officer

Junichi Imokawa

Hibino Immersive Entertainment Lab Powerd by Liminal Space Technology

「Hibino Immersive Entertainment Lab」は、⼤型映像技術、バーチャル技術、三次元LED技術を活⽤した新たな演出⼿法と没⼊型体験の実験機能、デモンストレーション機能を備えるヒビノの新しい研究開発拠点です。
現在はLiminal Space社(※)の三次元LED技術(Ghost Tile Technology)を搭載した幅21.6メートル、⾼さ3.6メートルのLEDディスプレイ・システムを常設し、新たな演出⼿法と没⼊型体験の研究開発及びデモンストレーションの提供をいたします。

※2023年8⽉にヒビノ株式会社と資本業務提携契約及び三次元LED運⽤に関する技術ライセンスを締結。

ロケーションベースエンターテインメントの世界に
新たな体験を

Ghost Tile Technology

Liminal Space社の三次元LED技術について

Ghost Tile Technology Powerd by Liminal Space, Inc.

Ghost Tileはコンサートやイベント会場、アミューズメント施設等、ロケーションベースエンターテインメントの様々なアクティビティにおけるエンターテインメント体験を別次元に高めるパッシブ三次元LED技術です。

  • 140°の広い視野角に高い画質と3D効果を提供でき、少人数から数千人まで、規模にとらわれない没入型体験を提供。
  • ライブ、イベントをはじめ、様々なアクティビティシーンにおいて、現実(アーティストや小道具)と拡張現実(AR/MR)が相互作用する演出を可能に。
Ghost Tile Technology Immersiv 3D LED System 2024年春 レンタル提供開始

Topics

2023.11.15-16Media Preview

2023年11月15日、16日に報道関係の皆様を対象としたプレス内覧会「Media Preview」を実施いたしました。Liminal Space社の三次元LED技術を搭載したLEDディスプレイ・システムを使用し、音響・照明・映像・演出を融合させた没入型エンターテインメントプログラムをご覧いただきました。

Topics
  • Topics
  • Topics
  • Topics
  • Topics
CLOSE
CLOSE